連絡先

  • 〒994-0026
     天童市東本町2-1-11
  •  TEL.023-666-8972
  •  FAX.023-666-8974
  • メール:mail@yakuwa-f.com
  •  営業時間 9:00〜18:00
  •  定休日 水曜日
  • ※事前のご予約をいただければ、
       定休日も営業いたします。

アクセス

住宅・土地を購入したときの流れ

住宅や土地を購入する場合は主に次のような手続きが必要になります。

  • 住みたい地域、土地の大きさ、住宅の種類、広さや間取り、入居したい時期などの希望条件を整理する。
  • 希望の物件の相場を調べ、預貯金の額や住宅ローンの借入可能額などを確認して、予算の目安を立てる。
  • 不動産会社のホームページや評判を調べて、住まい探しを依頼する不動産会社を選びます。
  • 不動産会社に希望条件を伝え、それに合った物件を紹介してもらいます。
  • 希望の物件が見つかったら実際に周辺環境や間取り、設備、購入条件などを慎重に確認します。
  • 不動産会社へ売買の仲介を正式に依頼する場合は、仲介手数料等に関する媒介契約を結びます。
  • 物件探しと並行して、住宅ローンなど資金計画を検討する。
  • 物件が決定したら不動産会社を通して売り主へ購入の申し込みを行う。
  • 不動産会社の宅地建物取引主任者から、購入物件に関する重要事項の説明を受ける。
  • 重要事項説明の内容を確認し納得できたら、手付金(契約金)を支払い売り主と売買契約を結びます。
  • 住宅ローンを利用する場合、売買契約を結んだら、住宅ローンの契約を結びます。
  • 引き渡しの準備が整ったら、残りの代金を支払い、不動産の登記手続きを行います。
  • 住宅の場合は、最後に引っ越しをして入居となります。

購入契約をする際の注意点

物件を決めて購入の申し込みをする

物件について知りたい情報を遠慮なく聞いてください。
現地案内時には物件をしっかりとチェックして、気になる点をご確認いただきます。
その上で相談しながら、購入希望条件や資金計画を具体的に検討していきましょう。
基本的な条件が固まったら、ご購入をお申し込みください。
中古物件であれば、物件の修理などの要望もご検討ください。

手付金について

不動産売買契約では、契約締結時に「手付金」と呼ばれる物件価格の10〜20%程度の金額を、買い主が売り主に支払うことが一般的です。
「手付金」は不動産売買契約では、一般的に「解約手付」として買い主は既に支払った手付金を放棄する(返還を求めない)ことにより、また、売り主は既に受けとった手付金の倍額を買い主に返すことにより、売買契約を解除することができる手付けをいいます。
ただし、解約手付による契約の解除ができるのは「相手方が履行に着手するまで」とされています。
つまり、既に契約に定められた約束事(中古物件のリフォーム作業など)を実行している場合には、手付けによる解除はできません。

売買契約

重要事項説明を受け、契約内容や物件について納得したらいよいよ売買契約の締結です。
買い主様と売り主様との間で、売買契約書を読み上げて契約内容の最終確認をします。
その上で、契約書に署名・押印し、手付金等の授受を行います。
手付金等は、現金や指定口座への振り込みのほか、預金小切手等でご用意いただきます。
また、仲介手数料もご契約時にをお支払いいただきます。
契約手続きに漏れがあると、売買契約が締結できないことで、売り主様をはじめとして関係者に迷惑をかけてしまいますので、しっかりと準備をした上で契約に臨みましょう。
なお、不動産の取引においては、犯罪収益移転防止法により、本人確認書類の提示や、職業、取引目的などの申告をお願いいたします。

売買契約時にご準備いただく主なもの

手付金等 代金の20%以内が一般的(現金・振り込み・預金小切手など)
※忘れずに領収書をお受け取りください。
印紙 売買契約書に貼る。
代金が
・500万円超1,000万円以下の場合の印紙代は2,000円
・1,000万円超2,000万円以下の場合の印紙代は4,000円
印鑑 実印をご準備ください。
仲介手数料 媒介契約書であらかじめ取り決めた金額(現金・振り込み・預金小切手など)※忘れずに領収書をお受け取りください。
本人確認書類 運転免許証や各種健康保険証などの公的機関が発行した本人確認書類